ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

生活習慣改善商品の話

食べ過ぎだとか胃酸亢進の場合は、春ウコン(宮古春ウコン)ですね。
 
BP(ビデンス・ピノーサ)は、炎症にいいんですよ。
そう、炎症を作った時にはBP。炎症を消します。
膝とかに痛みがきているって人の場合は炎症があるんです。
炎症なくてどうしで痛みがきますか。
そしてゴミが出しきれない人。
 
今回の脈診での話
名古屋の方なのですが、「足の膝が痛い」って聞いていまして、とても気になっていたんですね。
でも今回脈診受けてみると、もう痛みがとれちゃってるんですよね。そして、異常なし。健康体ですって。
うちの商品販売を手伝ってくださってる方なんですけれども、私もさすがに驚いて
「あれ?何やったん?」って聞くと
「いや、治し方のコツわかった」って。
えふを朝晩2包ずつ、それを2ヶ月間やったら痛みがきれいにとれちゃいましたよって。

「えふ」は、代謝、ゴミ出しがうまくいっていない人、肝機能が疲れ果ててしまっている人、
そして貧血の人に「えふ」を入れますけども、
朝晩2包ずつとは!私はここまで入れたことはなかったのですが

今回、実態で見せて頂いて、なるほどなぁと思いましたね。
膝や関節などに痛みがきた場合には「えふ」を集中的に入れると治るというのを。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *       
だから・・・悪さするんだったらお金使って下さい。
お金使いたくなかったら自己管理して下さい。
はっきりしてていいでしょ。選択の自由なんです。
 
そしてちゃんとお伝えしたかったこと。
それは、BP・エフ・春ウコンなど、飲み過ぎても
身体への負担は一切ありません。

それは安心してください。
それが自然農法の特長です。


と、そのことをちゃんとお伝えします。  
     

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

朝起きたらすぐふらつくって人、いませんか?

これは腎臓からきてるんです。つまり貧血なんです。
腎臓って言ったも腎臓が悪いんじゃないんですよ。
水分が足りない。

寝ている間って汗だくでしょ?
脱水状態から貧血状態になって、目覚めた時にふらつくって人は、
水分不足、こっちの方なんです。
ということは、お茶をしっかり飲ませるってことです。

そんな方が、今回お客さんの中にいました。



即効性って面において一番即効性があるのは、どう見てもエキスです。
BPエキスが一番、二番はBPドリンクだと思います。
飲みやすいし、この二つは水溶性ですから、身体への吸収がものすごく早いんです。
だから即効性としてすぐ結果が出ます。
BP錠っていうのは固めてありますので、これは身体の中でBPの働きが8時間位もつんです。
結構もつんです。
エキスやドリンクの場合は4時間前後くらいしかもたない、ポンと効くけれども。
継続ならBP錠なんです。

そんなわけで、ガンなどの人の場合は、うちはエキスとBP錠と両方入れています。
どういうことかと言えば、身体の中で24時間ずうっーとビデンスで
炎症を消し続ける。新しい炎症も抑える。そのためです。

炎症さえ消し終われば、あとはガンを作る生活をしなければよいので
エキスなどサッと引いていいわけです。そういうふうに用いています。
 
そして、うちでいう高麗人参・サポニン商品は、ホルモン。
ホルモンに焦点を置いています。

人間は、どうしても40歳以降からホルモンの量が弱くなります。
悔しいですけども老化するし、ホルモンの出が少なくなってきますね。
ホルモンがよく出ている人って気力がありますね。パワーがある。
反対にホルモンが弱くなると、なかなか動けなくなってくる。気力がない。
 
私は女性は40過ぎたら全員人参飲んだらいいと考ています。
ホルモンの材料として見てみれば、
高麗人参の場合、必須アミノ酸が全部入っていますし、ミネラルがものすごく多いですので、
材料提供としては抜群。
多く飲む必要ないんですよ、1日5粒を朝一回だけです。
特別、強烈にホルモンが弱い人は別として、普通はそんなものです。

同時に、結構胃も丈夫になるんです。
健胃作用といって、胃を丈夫にする働きがあるので、胃が丈夫だと・・・おいしいですね。
おいしいと・・・人間って幸せだし元気なんですよね。
そういう具合につながる、高麗人参はそういう分担の働きをしています。

というところでうちの商品構成はなっていますので、
自分において何が今必要で、何が抜いてもいいかっていうことを自分で判断して、
自分が元気に生きる生き方をやっていかれたらいいんじゃないかなと思います。
 

脳は水に浮いている

脳は、水に浮いているって話は聞いたことあると思います。
豆腐みたいな感じで浮いていると。

脳脊髄液という水の中に脳が浮いているんですね。
脳脊髄液はなんと140cc、こんなもの。
頭がに衝撃を受けても脳を守らないといけないから
要は弾力剤として使われているんです。
それともう一つは、断熱材
頭は熱さに弱いですね、だから熱さの温度調節するために
この脳脊髄液っていうのは使われているんですって。

この水は、一日に大体500cc作るんですって。
500cc作って、3回から4回入れ替わるんですって。
そして脳を守っているんですね。

で、入れ替わったその水はどこに行くかというと、静脈に流されていく。
すると、血液の流れの悪い人、静脈の戻りの悪い人、静脈瘤を作る人。
この人達は、流れがうまくいかなかったら溜まるじゃないですか、
 
だから水分量がどのくらい大事かってこと。
わかります?
本当に認知症になる人は、水分とってない人ですよ。
うちでいう水分とは、40度前後の身体を浄化するための水分って意味ですよ。
冷たい水分は意味が無いですよ。

脳からも静脈に全部流れていくっていう、だから回転がいいようにしておかなければならない。
人間の体の水分がうまく循環するために、一定の水分量が必要なんです。

それがね、昔はそんなことなかったんですよ。
添加物もそんなになかったし、油物そんなに食べなかったし、
そんなに水分を意識してとらなくても良かったんですよね、昔は。
でも今は、違います!洋食系の食事、添加物・防腐剤・PM2.5・黄砂、
全てのものがくるから、洗い流すだけの水分が必要になってきているですって。
環境が変わっている。事実なんです。
だから、40度前後のBP茶を飲んでください。と申し上げているわけです。
 
飲み方としては、朝起きた時にコップ一杯くらい。お風呂の前にコップ2杯ほど。食事の前にコップ1杯。
そして、あとは、ちょこちょこ飲み。そのほうが細胞への吸収が非常にいいのです。

あるクレーム客の話

今回クレームのある客がありましてね、

「こんだけやっても、ちっともかわらない」とかなんとか。
そういう人は私が担当になるんですけどね。お話聞きましてね、病気は膠原病ですよ。
膠原病って聞いた瞬間、「本当に水分とってきませんでしたね、今まで。」って言ったら、
本当にとってない。
でも膠原病は治っちゃったんですよ。だったら感謝されてもいいですよね。
なのに、どうしてクレームをつけるのかといえば「痩せてきてる」と。
40kg切ったんですって。私から見ればうらやましい限りですけどね、
ご本人にとってはそうじゃないんですよ。
 
その話を通してわかったのは、抗体はものすごく強くなってるんですよ。
BP錠入ってますし、はじめエキスも入れてますから。
しかし、体力がないんですね。
それはそうですよね、35kgくらいになったら体力ないですね。
だから抗体と体力は別問題だということを今回私もはじめて知ったんですよ。
 
ストレス何かありますか?って聞いてみました。
そしたら「かかってるわよ!」って、歳63歳。
 
これをやりだした去年の10月からずっとストレスよ!って。
何がそんなにストレスなんですか?と聞いたら、
 
以前は絶えずティーをしてお茶を飲んでケーキを食べて、
社交的なんですよね、それが好きでずーっとやってきたのに、それをピタッとやめたのよ!
(・・・ご自分のためなんですけどね。)
もうそれがストレスで。それでこんなに痩せちゃうし。
 
もういいわ、もうやめようかと思った。そしたら気持ちがすっと楽になったって。
ストレスは一番身体に良くないですもんね、
 
「では、月に1度位ティーしますか?」って私が言ったら、ニコッと笑って「いいの?」と。
「BP錠持参でどうぞ。」「月2回ですよ。」
今は治さなければいけない過程なので、月1、2回位にとどめて、
そんなに楽しいんだったらやって下さい。と。
 
そこからコロッとかわりましたね。
そういうことなんです、ストレスはそれくらい治癒しないんです。
抗体があるから別にいいんですけれども、
痩せるって言っても私が痩せるのとはちょっと違いますからね。
 
うちのおばあちゃんがそうだったんですよ。ものすごく痩せて、やっぱり40kg切ったんですよ。
本人は温泉も行きたくないっていうしね。
わたしはおばあちゃんでそれを体験したもんですから。
今おばあちゃん元の体重45kgまで増えたんですよ。だから必ず増えるんです、間違いなく。
でも待っていられないんですね。
 
だから、あぁそうですか、ってことで。
 結局、月2回でそんだけ笑ってくれるんだったら、BP錠飲んで何でもやってくださいって感じですよ。
そうしてストレスを排除するってことをまずやりました。

そうしたらなんと、何故太らないのかって理由がわかりました。
糖尿の薬を飲んでいたんです。

「糖尿」は、脈診の見立てでは、
糖は出てるんですが、インシュリンが出ないから糖が出てるんじゃなくて、
腎臓のろ過が悪くて、血中に糖が出てるのだと。
だから、インシュリンは出てるから糖尿じゃないんです
それが医者はわからないようで。
 
そこで、腎臓のろ過というのは、網の目の臓器で・・・って、説明に入って、
その網の目の汚れを落とすには、内臓ですからお湯でしか落ちないんだってこと。
BP茶をしっかり飲んでください。って。
納得していただいたんです。
 
そういうふうな糖尿の薬ってことは、糖の吸収を完全にブロックしちゃうんです。
ビデンスの場合はいいものは吸収するのですが、
薬の場合は、そういう自然の植物とは違うんです。
化学薬品ですから完全に抑えちゃうんです。
 
と言ったら、今日から止めます!って。もうスッキリしたって。
 
健食も減らしましょうか?って、どこから減らしましょうかね?
その代わり水分のとり方、風呂の入り方などとにかく細かくチェックしたんですよ。
このことを守りますか?そしたら飲む方減らしましょうって、減らしたんですよ。
そうしたら非常に元気になられてね。不思議でしょう。
じゃ頑張ります!って頑張るようになったんですよ。
 
ランチの時に一緒になったのでチェックしたんですが
そうしたらしっかり食べてましたよ。
これは食欲ないとはいえないわ、吸収が悪いんですよね。
それは、薬のせいだと思いました。それでブロックしてるから吸収が悪く太れない。
ただそれだけだと思いますね。
 
つくづく思いました、人間は精神的な生き物。
 
そこでストレス解けたら「いやぁ、おいしいわー」ってランチ食べてましたよ。
これなんですよ。だからストレスがかかって我慢してやっても治らないんです。
 
そして、本当に戻るの?って、
私が戻るって言ってるのにあなたが疑っていて、
引き寄せの法則って知らないんですか?って言ってね。
自分が確信もたなかったら戻るわけないじゃないですか、って言ったら、
「あ、そうですね」とか言って素直になって。
40kgにはすぐ戻ります。それから45kgにはボチボチ戻っていきますから、
まず言われたことをきっちりやって下さい、ってお話をしたんです。
 
本当にストレスがかかると人間は思うように体がいかないので、
そこのところをきちっと整理してさし上げることが大事かな、と思います。

脳幹チェック

ストレスがかかると人間は思うように体がいかないので
人間はそういう意味では、精神的生き物であるってこと。
そして、精神は自分でコントロールできるんです。

非常に難しいんですけれども、難しい人はこだわりのある人。
こうあらねばならないとか、こうするべしとか、常識としてこうだとか。

自分が幸せならばそれでいいのよ。
本当に人間は精神的生き物であるってことを頭のなかにインプットしてください。

脳幹虚弱症

自分自身は脳幹虚弱症じゃないか?
本当に42kg戻るの?って・・・これ依存してるでしょ。
戻るって言ったら戻る。
というのは、自分が戻したいって思ったら戻るんですよ。
あとは生活習慣、
人間は悪いことしなければベストな状態に戻るようにできてるんですよ。

薬は本当にいらんことをブロックしてしまいますけども、
免疫細胞は絶対にその人に悪いことはしないんですよ。
本当にそうなってますから。
しかし、薬は異常にブロックしたり、副作用とか出てくるわけでしょ。
だから本当にそういう意味で、自分自身の脳幹が強いか弱いか、自分でチェック。何%?
100%って言い切れたらいいんですけどね、まず50%以上にしましょうよ。
 
脳幹チェックの3つがありましたよね?覚えてますか?

まず、生き続ける力
自己防衛本能とか、間脳のバランスとか。その自己管理なんですよ。

2番めが自尊心。だから自分を抑える生活をしている人、弱くなりますよ。
自分を抑えこんで我慢している人いるでしょ。
いじめられてる子供に、もうすぐ卒業だから我慢しなさいとか。
こんなことやったら子供はダメになっちゃう。
自尊心、これを本当に自立させないといけない。
大人の世界でいうと、変な我慢ですよ。
周りに合わせて自分はそう思わないけど我慢するとか。
楽しいことはやったらいい!!
あまり自分を抑えない。自分を押し殺しちゃダメ。
 
3番目が他者のために生きるように脳幹が作られてるってこと。
笑顔で他人のためにできることを、自分の環境で精一杯のこと。
そうすると周りが大切に思ってくれる。これがいい関係でしょ。

この3つの生き方を切磋琢磨しながら、自分の環境の中で生きるべきじゃないのかな。
それが一番脳幹を刺激する方法であるってお伝えしたことあると思います。
 
ちょっと前、テレビでの話ですが、
「ブツブツ言ったり恨みに思ったりする人、そういう人は頭が悪いのよ。」
って誰かが言ってたんですね。
本当にその通りだと思いますよ。そんなこと言ったって何の得にもならない。
そんなことより、本当に人と喜んで楽しく生きる。

だって死ぬんですから。遅かれ早かれくるんですよ。
その日をどう楽しみに迎えて喜んで死ぬ寸前まで楽しめるかっていうのが、
生きてる間にやらなければいけないことなんですよ。

人のことかまってブツブツ言ってるヒマない、と私は思っております。

癒しの館のお庭にて

今年も6月に「癒しの館」で「癒しのコンサート」を開催しました。

nose

久しぶりに訪れてみるとお庭の草花も元気いっぱい。
初夏を楽しんでいるかのごとく
彩りも鮮やかに出迎えてくれたのです。


新緑の清々しいパワーを浴びて
心身ともにリフレッシュできましたし


こんなところに



雑草も健気に輝きを放っていて
なんだか微笑ましく
ほんわりと幸せに浸れたことでした。

 


カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others